バストのコンプレックスを解消できる豊胸手術


豊胸手術ってどんな方法があるの?

雑誌のグラビア女優などの豊満なバストを羨ましいと思っている方もいますよね?女性にとっては、小さなバストは悩みでありコンプレックスでもあり、少しでも大きくできるようにビタミン剤を飲んだり、運動をしたりと努力している方もいることでしょう。そんな方のコンプレックスを解消するには、豊胸手術という手段もあります。
豊胸手術には、人工乳腺法・ヒアルロン酸注入豊胸法・脂肪注入による豊胸術・エイジングブレスト豊胸法といったいくつかの方法があり、中にはメスを入れずに注射だけで手術できる方法もあります。

さまざまな豊胸手術方法の特徴

人口乳腺法には、脇の下のしわに沿って4cmほど切開する腋窩法とアンダーバストに4cmほど切開するアンダー法があり、いずれもインプラントを挿入し、2サイズほどサイズが確実にアップでき、1度手術をすれば半永久的です。
ヒアルロン酸注入豊胸法は、メスを使わずに注射で行なう手軽な方法でバストにハリを取り戻したい方には最適です。
脂肪注入による豊胸術は、自分の脂肪組織を注入するので異物反応が起きず、脂肪を取り除いた場所はサイズダウンができるというメリットもあります。
エイジングブレスト豊胸法は、すでに人工乳腺法による豊胸術を受けている方を対象としたもので、このインプラントを抜いてヒアルロン酸を注射で入れ替える方法です。

それぞれの特徴を知って自分に合った方法をみつけよう

豊満なバストにしたい、ハリを持たせたいなどと、希望は人それぞれですので、前述の特徴を知ったうえで自分の希望に合った豊胸手術を行なうのが最適です。

豊胸手術」は、乳房を大きくするために行う手術のことです。一般的には美容を目的とした手術に対して使われる名称です。