誰でも悩む腰痛のメカニズムと医学的治療法


腰痛の原因のメカニズム

腰痛のメカニズムは本来四足歩行だった人類が、二足歩行になってから起こる宿命的なのものです。四足歩行は誰でも分かる通り、腰部に負担は掛かりません。二足歩行では重心は腰部に自然に掛かる事になります。だだでさえ上半身の重みが腰に掛かるのに、過度な労働や運動をすれば腰痛になることは当たり前なのです。

腰痛の一般的な治療法

一般的には整骨院やマッサージ店、整体院等が手軽に行けるところです。電気治療やマッサージ等を受け、疲労等で硬くなった患部をほぐす施術を受けます。検査機器等は無いので、軽度の腰痛の方向けです。

腰痛の痛みが激しく検査を受けたい場合

検査を受ける場合は整形外科に行く必要があります。病院の規模によって検査機器は違うので、二度手間にならないように電話等で検査機器を確認し受診します。診察を受けたら先生に検査を希望する事を、はっきりと伝える事が大切です。検査結果次第でその後の治療方針が決められていきます。

腰痛の予防と方法は?

よく腰痛の予防は歩いたり、ストレッチをしたり、運動をしたりする方が良いとされますが、腰痛の全員に当てはまる訳ではありません。人の体は1人1人違うように、腰痛も千差万別です。自分で判断はせず、必ず専門家や医師に相談するのがベストです。基本的には疲労からくるので、腰の周りが辛くなって来たらなるべく休む事をお勧めします。

腰痛治療には注射が最適なのか?

腰部への注射は、症状の度合いによって行われます。軽度の腰痛の場合は、注射する事はありません。ぎっくり腰(急性腰痛)等立つ事も、動く事も出来ない場合注射を投与されます。しかし注射はあくまでも痛みを止めるものなので、根本的な腰痛の原因を改善する事が大切です。痛いからと言って多用するものではありません。

腰痛 注射は、医者の腕がよく分かる治療法です。下手な医者に打ってもらうと全く効果がありません。そのため治療実績を確認することが大切です。