どんな効果があるの?ヒアルロン酸の効果と使い方


肌に効果的な潤い成分であるヒアルロン酸

肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が弱ってしまいます。そこからニキビや肌荒れ、赤みなど様々な肌トラブルにつながってしまうこともあるため、洗顔後には肌の潤いをキープできるスキンケアを行うということはとても重要です。
そんな肌の潤いを守るために役立つ潤い成分の一つが「ヒアルロン酸」です。
ヒアルロン酸は元も人間の体内に存在している保湿成分で、主に皮膚や軟骨、目、脳、関節液などに多く含まれている成分になります。水の分子を結びつける性質によって、肌や目の潤いを保っています。他にも肌の弾力を与えるなど重要な役割があります。
肌ではその保水力によって、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの成分の隙間を埋めて水分を抱え込む働きによって潤いを保って乾燥を防いでいます。
このような働きから、塗るだけではなく注射で直接注入しても美容効果を得られます。

ヒアルロン酸配合のスキンケアの選び方

ヒアルロン酸を配合しているケア用品は様々なものがありスキンケアとして使うことで、肌表面または角質層で水分を抱え込んで保湿する働きをして、肌の潤いをキープします。
基本的にヒアルロン酸は分子が大きく、塗っても角質層までには浸透しない成分です。しかし、近年では低分子化したものも販売されており、低分子であれば角質層内までしっかり浸透する効果が得られます。
ただし、それぞれに特徴があり、低分子の方が良いとは限らないため注意が必要です。
高分子の場合、水分の蒸発速度が遅く長時間保湿効果を維持することができるというメリットもあります。対して低分子は浸透性がよく角質層内に浸透しますが水分蒸発速度は早く保湿力の持続時間が高分子と比較すると短いというのが特徴となっています。

ヒアルロン酸は、人体の皮下組織に元からある成分のひとつであり、皮膚の表面を若々しく保つために不可欠です。