目立つニキビを何とかしたい!ニキビの治療法について


ニキビってどうやってできるの?

朝、鏡を見てほっぺや鼻、口元などの目立つところにニキビが出きてしまうと、朝から気分が落ち込んでしまいますよね。学校やお仕事に毎日出かけて、色んな人と顔を合わせるわけですから、何とかニキビを早く治したいものです。そもそもニキビができる原因は何でしょうか?ニキビができる原因はアクネ菌といわれています。アクネ菌は毛穴に皮脂がたまることによって増殖していきます。初期では白ニキビで、次に炎症を起こせば赤ニキビになります。さらに酸化することにより黒ニキビになっていくのです。そのまま進行していくと、膿ニキビとなってぷっくりと膨らみを見せます。

ニキビができる原因って何?

ニキビができる原因は10代で思春期の場合、過剰な皮脂の分泌により皮膚機能がコントロールできなくなり、毛穴が詰まることによってニキビができます。そして、毎日の生活習慣にもニキビができる原因はあります。ニキビのトラブルは、栄養バランスが乱れることにより発生します。脂っこい食事や油分の多いスナック菓子、インスタント食品などを頻繁に食べていれば栄養バランスが整わなくなり、翌日にニキビができてしまった・・・なんてこともあるでしょう。白ニキビに気づいたときに食生活を見直してみれば、ニキビの悪化を抑えることに繋がりますよ。寝不足が原因でニキビができることもあります。人間は十分な睡眠を取ることによって、眠っている間に一日の皮膚のダメージを改善し、新しい皮膚をつくっていくのです。睡眠不足ですとお肌の改善がしにくくなりますよね。午前0時前にはベッドの中に行く習慣をつけるなり、早寝早起きの生活リズムを心がけると、ニキビができにくくなりますよ。

ニキビ跡とはニキビができて治った後潰れたところに残ってしまう肌が凹んだ部分のことです。正しいニキビケアを心がけて入れば、跡はできません。