メス要らずの美容整形!ボトックス注射のメリット


簡単な施術で理想の小顔に

ボトックスで使用される薬剤には、緊張し固くなった筋肉を解きほぐし緩めるといった作用があります。美容クリニックでは、この作用を利用した小顔施術が提供されており、その手軽さから人気を集めています。

エラが大きく張り出したように見えてしまう原因の一つが、咬筋の発達です。歯を食いしばる癖がある人、かみ合わせに問題がある場合などには、咬筋が緊張し横に張り出してしまうことがあります。エラは非常に固いため一見骨のように見えますが、実は咬筋に覆われています。この咬筋をボトックスによってリラックスさせ、柔らかくすることによってエラの改善が可能なのです。エラのせいで顔の横幅が大きく見えてしまう、顎周りをスッキリさせたい、そんな場合にボトックスは最適な施術だといえるでしょう。

ボトックス注射が選ばれている理由

ボトックス施術は注射器によって行われるため、施術跡が残る心配がありません。また皮膚を切開しませんから入院をする必要もありませんし、ダウンタイムも非常に短いのが特徴です。外科手術を伴う美容整形と比較をすると、経済的な負担もかなり少なめとなっています。

注入されたボトックスの薬剤は、一気に効果をもたらすのではなく、時間をかけて徐々に作用していきます。このため施術を受けたら突然顔が変わる、ということも起こりません。少しずつ顔周りのラインが改善されていきますので、施術を受けたことに気づかれる心配もほとんど無いといって良いでしょう。誰にも気づかれることなくこっそり綺麗になりたい、そんな願いを実現できる施術なのです。

エラが張ってしまうのはフェイスラインの咬筋が発達している為ですが、筋肉の動きを抑えるボトックス注入を打てば手術をせずにフェイスラインをすっきりさせることが出来ます。